第十五番札所 高瀬観音

たかせかんのん

中央エリア:会津若松市
会津三十三観音

会津三十三観音第15番札所

会津三十三観音第15番札所 曹洞宗吉高山福昌寺 高瀬観音です。
京と奥州を往来していた金売り吉次一行が村東の応湖川を渡る船が転覆し溺死した弟の吉六の冥福を祈り建立したと伝えられています。

御本尊

十一面千手観音菩薩

御詠歌

乗り得ても心許すな天小舟 高瀬の波は時を嫌わず

のりえてもこころゆるすなあまおぶね たかせのなみはときをきらわず

みどころ
  • 御詠歌

    御詠歌が奉納されています。

  • 高瀬の大木(ケヤキ)

    高瀬観音のすぐそばには、国指定文化財の高瀬の大木(ケヤキ)があります。

文化財データ
名称
高瀬観音
よみかた
たかせかんのん
エリア
中央エリア:会津若松市 
ジャンル
会津三十三観音 
住所
会津若松市神指町高瀬81
交通
バス停「新田」より徒歩10分
駐車場
なし
お問合せ
(一財)会津若松観光ビューロー
電話
0242-23-8000
前を見る
構成文化財一覧に戻る
次を見る
Return to Top ▲Return to Top ▲