會津三十三觀音

あいづさんじゅうさんかんのん

喜多方市
會津坂下町
會津美里町
會津若松市
柳津町
湯川村
西會津町
會津三十三觀音

保科正之所定之三十三觀音札所

会津三十三観音

会津での三十三観音めぐりの起源は寛政二十年(一六四三)、保科正之公の入封以降と伝えられています。
当時、領民のあいだでは伊勢参りや西国三十三観音巡りなどが盛んで、多額の費用が領外に流れていくのを案じた正之公が高僧らと計り、会津にも三十三所を定めたといわれています。
おもに農村部の女性が、田畑の仕事が一段落した七月頃に、白装束に笠をかぶり、講仲間とともに「御詠歌」を唱えながら三十三観音札所を巡礼して回ったそうです。
「御詠歌」とは、短歌形式の歌詞を旋律にのせて唱える仏教歌謡のこと。仏の教えや霊場の景観、死者への哀悼、札所にまつわる伝承などが読み込まれているものです。


『会津三十三観音』

文化財データ
名稱
会津三十三観音
名稱(日文)
あいづさんじゅうさんかんのん
區域
喜多方市 會津坂下町 會津美里町 會津若松市 柳津町 湯川村 西會津町 
類別
會津三十三觀音 
前を見る
構成文化財一覧に戻る
次を見る