第一番札所 大木観音

おおきかんのん

北エリア:喜多方市
会津三十三観音

会津三十三観音第1番札所

常安寺の境内にあります。いつの頃か判明しませんが、大木村に大木左馬亮という人がいて、常安長者と呼ばれていました。この観音堂にはその常安長者の物であったとされる十一面観音を安置しています。天正17年(1589)に伊達勢の兵火にかかり焼失しましたが、上杉氏の時代の慶長3~6年(1598~1601)の間に再建されたと伝えられています。

御本尊

十一面観世音

御詠歌

万代の願い大木の観世音 あの世とともに救け給えや

よろづよのねがいおおきのかんぜおん あのよとともにたすけたまえや

みどころ
  • 御詠歌

    御詠歌が奉納されています。

  • 山門

    立派な山門があります。

文化財データ
名称
大木観音
よみかた
おおきかんのん
エリア
北エリア:喜多方市 
ジャンル
会津三十三観音 
住所
喜多方市塩川町大田木字塚田3281-1
交通
喜多方駅より車で10分
駐車場
あり(狭い)
お問合せ
旧甲斐家蔵住宅
電話
0241-22-0001
前を見る
構成文化財一覧に戻る
次を見る
Return to Top ▲Return to Top ▲