第三番札所 綾金観音

あやがねかんのん

北エリア:喜多方市
会津三十三観音

会津三十三観音第3番札所

金泉寺境内にあります。元弘元年(1331)葦名盛宗が建立し、十一面観音像を安置したとされます。この頃は20を超える僧房があり、隆盛を極めていましたが、天正年間(1573~1593)に兵火にかかり、寛文年間(1661~1672)に石伝という僧が再興したと伝えられています。

御本尊

十一面観世音

御詠歌

露の身の夢幻の世の中に 身を綾金といで祈るらん

つゆのみのゆめまぼろしのよのなかに みをあやがねといでいのるらん

みどころ
  • 御詠歌

    御詠歌が奉納されています。

  • 石柱

    石柱が奉納されています。

文化財データ
名称
綾金観音
よみかた
あやがねかんのん
エリア
北エリア:喜多方市 
ジャンル
会津三十三観音 
住所
喜多方市豊川町米室綾金155
交通
会津豊川駅より車で7分
駐車場
あり(狭い)
お問合せ
旧甲斐家蔵住宅
電話
0241-22-0001
前を見る
構成文化財一覧に戻る
次を見る
Return to Top ▲Return to Top ▲