第十五番札所 田島 徳昌寺

たじま とくしょうじ

南エリア:南会津町
御蔵入三十三観音

御蔵入三十三観音第15番札所

御蔵入三十三観音第15番札所です。
鴫山城主である長沼氏の菩提寺で、天寧寺の末寺です。長沼氏が通覚和尚を開山として建立したと伝えられています。
本堂と庫裡、金比羅堂は、国選定有形文化財に指定されています。通称、山寺とも呼ばれ、裏山を借景とした本堂裏の庭園は、自然の趣が深いことで知られています。

御本尊

聖観音菩薩

御詠歌

波羅蜜や田島の里のたじろかず またのちの世をたすけ給へや

はらみつやたじまのさとのたじろかず またのちのよをたすけたまへや

文化財データ
名称
田島 徳昌寺
よみかた
たじま とくしょうじ
エリア
南エリア:南会津町 
ジャンル
御蔵入三十三観音 
住所
南会津郡南会津町田島字寺前甲2970
交通
会津田島駅より車で5分
駐車場
あり
お問合せ
南会津町観光物産協会
電話
0241-62-3000
前を見る
構成文化財一覧に戻る
次を見る
Return to Top ▲Return to Top ▲