西隆寺乙女三十三観音

さいりゅうじおとめさんじゅうさんかんのん

西エリア:三島町

33体の乙女観音

西隆寺は永平寺を本山とする曹洞宗のお寺で、境内には柔和な笑みをたたえる33体の乙女観音が点在しています。岩倉山の登山口ともなっています。

みどころ
  • 乙女三十三観音

    この石仏群を制作したのは、当時20代であった石工師姉妹で、住職の厚い信仰心を受け、長い時間をかけて完成させました。

  • 乙女三十三観音の通称

    それぞれの観音様には通称があり、第一番は哀切かんのん様、第三番は母心かんのん様、第八番は恋慕かんのん様などと呼ばれています。

文化財データ
名称
西隆寺乙女三十三観音
よみかた
さいりゅうじおとめさんじゅうさんかんのん
エリア
西エリア:三島町 
ジャンル
-
住所
三島町大字西方字巣郷4686
交通
会津西方駅より車で5分
駐車場
あり(5台)
お問合せ
三島町観光協会
電話
0241-48-5000
前を見る
構成文化財一覧に戻る
次を見る
Return to Top ▲Return to Top ▲