藤倉二階堂・延命寺地蔵堂

ふじくらにかいどう・えんめいじじぞうどう

中央エリア:会津若松市
国重要文化財

仏都会津の祖「徳一」が建てたと伝えられる

徳一の創建とされ、室町初期から中期の作と推定され、信仰の場として守られてきました。この建物の屋根は禅宗様の重層建築で周囲に円柱で支えた裳階がつけられ二階建てのように見えるため、「藤倉二階堂」と親しまれています。

文化財データ
名称
藤倉二階堂・延命寺地蔵堂
よみかた
ふじくらにかいどう・えんめいじじぞうどう
エリア
中央エリア:会津若松市 
ジャンル
国重要文化財 
住所
会津若松市河東町倉橋藤倉160
交通
会津若松ICより車で5分
駐車場
あり
お問合せ
(一財)会津若松観光ビューロー
電話
0242-23-8000
前を見る
構成文化財一覧に戻る
次を見る
Return to Top ▲Return to Top ▲