名峰磐梯山と猪苗代三十三観音日帰り旅

  • 東エリア
モデルコースtop画像
コース概要

名峰磐梯山が造り出した自然景観と猪苗代三十三観音を巡る日帰りコースです。

スタート

10:00 猪苗代駅 出発

1

猪苗代三十三観音第一番札所
観音寺

東エリア:猪苗代町

猪苗代三十三観音第1番札所です。
観音寺の創建は建久年間(1190年~1198年)とされ、境内にある山門は荘厳な雰囲気を醸し出し、県指定重要文化財の観音寺宝篋印塔もあります。近くを流れる観音寺川は、約1kmに亘り、観音寺川両岸に見られるサクラの名所でもあります。

住所 : 猪苗代町大字川桁字村北2347

所要時間 : 30分

詳細を見る
観音寺画像1
  • 観音寺画像1
  • 観音寺画像2
  • 観音寺画像3
  • 観音寺画像4
2

猪苗代三十三観音第33番札所
長照寺

東エリア:猪苗代町

慶長8(1603)年、建立の歴史ある野口家の菩提寺で、猪苗代三十三観音第三十三番札所です。
境内には英世の両親の墓と野口英世夫妻の墓がひっそりとたたずんでいます。

住所 : 猪苗代町三ツ和字三城潟982

所要時間 : 30分

詳細を見る
長照寺画像
寄り道スポット
東エリア:猪苗代町

そばの里で味わう、挽きたて・打ちたて・茹でたて。
豊かな自然、澄んだ空気、清らかな水、寒暖差のある気候・土地などそば栽培にとって理想的な環境の猪苗代町。いわはし館では地元で栽培されたそばを使った「真心の味」が楽しめます。

詳細を見る
猪苗代そば画像1
  • 猪苗代そば画像1
  • 猪苗代そば画像2
  • 猪苗代そば画像3
東エリア:猪苗代町

会津藩祖 保科正之公を祀った神社です。神社の北側の参道を登った先には「奥の院」と呼ばれる正之公の墓所があります。境内にある亀石に乗った石碑は、高さ7.3m、重量30トンで日本最大です。紅葉の時期には、真っ赤な紅葉が境内を彩っています。

住所 : 猪苗代町猪苗代町見祢山1

所要時間 : 40分

詳細を見る
土津神社画像1
  • 土津神社画像1
  • 土津神社画像2
  • 土津神社画像3
東エリア:猪苗代町

達沢不動滝は、安達太良山系船明神山に源をもつ不動川にかかる名瀑で、不動尊が祀られています。
岩肌に沿って水がスダレのように流れ落ちる勇壮な男滝と、その西側にひっそりとたたずむ優美な女滝が好対照を見せています。周囲はブナの原生林に囲まれていて、幻想的な雰囲気を醸し出しており、パワースポットとしても知られています。

住所 : 猪苗代町大字蚕養字達沢

所要時間 : 30分

詳細を見る
達沢不動滝画像1
  • 達沢不動滝画像1
  • 達沢不動滝画像2
ゴール

16:00 猪苗代駅 到着


その他のモデルコース
バナー ころり三観音参拝の旅

会津のグルメところり三観音を巡るコースです。会津地方には「会津ころり三観音」という信仰があり、三つの観音様にお参りすると長患いすることなくコロリと極楽往生できるとされており、多くの人たちが満願成就のために訪れています。

バナー 温泉・伝説・自然の造形美 日帰り旅

熱塩温泉の共同浴場、殺生石の伝説源翁和尚が開いた示現寺、自然の造形美・五色沼湖沼群を巡るコースです。

バナー 三十三観音と赤べこ伝説 日帰り旅

柳津町久保田地区の三十三観音を巡ると共に仏都会津の赤べこ伝説や奥会津エリアを堪能するコースです。

バナー 南会津のグルメと自然と御蔵入三十三観音 日帰り旅

江戸の宿場風情を今なお残す大内宿散策と小野観音堂・観音沼嶽観音堂を巡るコースです。

バナー 奥会津の自然と三十三観音めぐり

御蔵入地方(奥会津・南会津地方)の三十三霊場を巡ると共に、奥会津の大自然を巡る1泊2日のコースです。

バナー 会津若松エリアでコンパクトに仏都会津を巡る 日帰り旅

会津中央エリアで仏都会津に触れる日帰りコースです。

バナー 名峰磐梯山と猪苗代三十三観音 日帰り旅

名峰磐梯山が造り出した自然景観と猪苗代三十三観音を巡る日帰りコースです。

バナー 会津五薬師巡り

一大師が創建した会津五薬師を参拝し健康を祈願し、座敷童伝説の割烹旅館でゆったりとしたひとときを過ごします。

バナー 尾瀬トレッキングと永田西国三十三観音

日本が世界に誇る高層湿原「尾瀬」の山々と大湿原と季節ごとの花の美しさを楽しむトレッキング。また、永田西国三十三観音巡りや、大人気の観光スポット大内宿を散策します。

バナー 不思議なお堂さざえ堂と会津若松の桜と二つの城紀行

上り下りの通路が違う不思議なお堂さざえ堂に参拝し、桜の名所が数多くある会津若松の、会津五桜・鶴ヶ城などの美しい桜と、幻の神指城跡に立つ桜とケヤキの巨木を訪ねます。

一覧を見る
Return to Top ▲Return to Top ▲